ピル

多かれ少なかれ、ほとんどの人が耳鳴りを体験したことがあるでしょう。
急激に気圧が変化した際に耳にキーンとした音を感じることもあります。
そうした一過性のものであれば、わざわざクリニックを受診するまでもありません。
しかし、中には重大な病が隠れていることもあります。
たとえば、内耳障害による病気「メニエール病」や耳性帯状疱疹、突発性い何町の可能性もあります。
また、耳だけでなく、聴神経腫瘍や高血圧などの全身疾患で起こる場合もあるのです。
こうした場合は、早期に治療が必要です。
数秒で鳴りやむ場合は心配いりませんが、なかなか鳴りやまない継続的な耳鳴りや、何度も繰り返す場合は受診が必要です。
また、頻度に限らず、音が非常に気になり、日常生活に支障をきたすような場合も受診しましょう。

「耳鳴り」は、日常生活の中で多くの方が経験する症状です。
甲高い音が聞こえて、不調を訴える人も多くいます。
一時的な症状ですぐ治ってしまう場合もありますが、症状が長引いたりして、生活を脅やかす場合もあります。
耳鳴りは高齢者の方に多く見られますが、若年層から症状が発症する場合もあります。
症状としては、9割を占める「自覚的な耳鳴り」がもっとも多く見られます。
耳の病気が原因で、どこからも音が鳴っていないのに自分にだけ音が聞こえる症状です。
聞こえる音の種類も、高音から低音があります。
症状も突発的なものから慢性的なものとがあり、個々人によって程度の差があります。
 治療としてクリニック等で行われている方法は、耳鏡を用い外耳道や鼓膜の状態を調べます。
異常がないかどうかを調べた上、場合によっては、脳の状態を確認するためX検査やCT検査などを行う場合もあります。
注意すべき点は、単なる耳鳴りと思い適切な治療をクリニックで行わなかったために、難聴を併発している場合もあります。
他の病気に起因する事もあるため、いつもと違うようであればクリニックでの診察が必要になります。

アーカイブ

カテゴリー

オススメリンク